ありがとうございます

保険・中古車・株・消費者金融などお得な情報を少しづつお届けします。

カテゴリー

プロフィール

ひでお3

Author:ひでお3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
任意整理とは、法律専門家が法律の下、各債権者・金融業者と和解交渉をして、利息制限法又は出資法に基づき再計算し直し、過払金充当減額(払い過ぎた利息を元金に充当し残金を減額)・債務不存在確認(払い過ぎた利息を換算すると既に債務が無い)・過払金返還請求(払い過ぎた利息を全額返してもらう)・不当利得返還請求(出資法以上の違法支払を全額返してもらう)等の法的手段を用い負担を軽減させ、正当な残債が存在する場合は、無利息にて少額の長期返済を、若しくは更なる大幅な残金の減額を考慮する短期返済等の、無理のない返済を目的とした合意和解による債務整理。

【任意整理の主要条件】
返済の意志がある事

【任意整理の最大注意点】
依頼する法律家の債務整理に関する知識や経験や方針等によっては、債権者側に有利な交渉や和解、時には和解不成立等が起こる

【任意整理費用】10万円~(着手金・報酬等)

【任意整理】を格安で手続を行なうボランティア団体もあり、インターネットで検索したりするのも良いかも?
ただし、本当のボランティア団体の組織なのかは疑問。
しっかりした専門家が行なっているボランティア団体や弁護士に相談するのが良いでしょうね。

ボランティア団体にお願いする場合でも、最終的には10万円~30万円の着手料がかかります。最後のキャッシングを、その費用にあてるのが、最終手段です。
スポンサーサイト
自分にとって特定調停任意整理のどちらが適しているのか教えてほしい。

特定調停と任意整理をおこなう費用だけを比べてみれば、圧倒的に特定調停の方が安い、特に経済的に苦しい方が選択することが多い様です。

しかし、本当に費用が安いからといって、最終的に特定調停が任意整理よりも金銭的な負担を多く緩和できるのでしょうか。

特定調停をおこない、特定調停で交わした決まりに基づき現在支払い進行中ですが、もう支払いが苦しい、生活的に限界を感じる等の様な声が非常に多いのです。

何でそんな事になるのでしょうか、それは最初から無理のある計画をのまざるをえない状況があったからなのです。

長期間の取引があるにもかかわらず、過払い金の返還を受ける機会を失ってしまったり、大幅な減額を期待していたところ、予定より元金が残ってしまうケースや、分割回数の希望が通らず、結局毎月の支払い額が今までとあまり変わらない等の誤算が無理な弁済計画へとつながってゆくのです。目先の費用の安さだけにとらわれずに、最初の費用から支払い終える最後までを総合的に考えた場合、自分が金銭的に最も得をするのはどの手段なのかを考えることが、現実的にあなたが一番楽になれる方法でもあるのです。

特定調停とは、弁護士や行政書士が行なう法律上の専門的なことを、借金を負ったその人が行なうわけですから、かなりの時間と根性が必要です。

そういったことが出来る人が、そもそも自分の身の丈にあわない借金をするか?と言うことですね。どこかルーズな部分が、借金を大きくしてしまうのだから、特定調停の手続も、支払いもルーズになってしまうのは?

困った時ほど、専門家やボランティア団体に相談した方が良いと思います。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。