ありがとうございます

保険・中古車・株・消費者金融などお得な情報を少しづつお届けします。

カテゴリー

プロフィール

ひでお3

Author:ひでお3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベルガード 少年軟式用プロテクター P109
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070719-00000014-sanspo-spo
 (パ・リーグ、楽天4-6西武、13回戦、西武9勝4敗、18日、フルスタ宮城)西武・涌井秀章投手(21)が18日の楽天戦(フルスタ宮城)で、8回2/3を10安打4失点ながら両リーグトップの13勝目をあげた。球団史上、球宴前に13勝をマークするのは、78年の東尾修(当時クラウンライター)以来、実に29年ぶりの快挙。若き新エースが、横浜高の先輩・松坂(現レッドソックス)を超え、西武の歴史を塗り替える。プロ野球は前半戦を終了し、セ・リーグは中日、パ・リーグは日本ハムがともにリーグ2連覇に向けて首位で折り返した。
◆最新プロ野球情報は・・・プロ野球ランキング


 笑顔はなかった。九回二死までマウンドに立ちながら、2点を失って完投できなかった。両リーグトップを走る13勝目にも、涌井は顔を真っ赤にして不満を爆発させた。

 「最後の最後で…、本当に情けない。13勝? それはもう、どうでもいいです」

 チームでは78年の東尾修以来、29年ぶりとなる球宴前の13勝到達。6月19日のヤクルト戦(神宮)から5連勝で、自己最多だった昨季の勝ち星(12勝)も1つ上回った。しかし、この日の悔しい降板が示すように、成績は残しながら、決して完調ではなかった。

 「なぜかスピードが出ない。理由が分からないんですよ。去年の疲れがまだ、残っているんですかね」。周囲に弱音をもらしていた。持ち味だった150キロ近い速球は鳴りを潜める。不安との闘いのなかで、生活面の節制を心がけた...

ニュースの続きを読む




◆プロ野球関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆プロ野球関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

<< 今日の株式見通し=もみあい、上値に慎重な動き | ホーム | ウッズが“復活連弾”!連覇狙う落合竜が2年連続で首位ターン >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。