ありがとうございます

保険・中古車・株・消費者金融などお得な情報を少しづつお届けします。

カテゴリー

プロフィール

ひでお3

Author:ひでお3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個人投資家は500円以下の「割安・成長株」で儲けよう!
 [東京 6日 ロイター] 携帯電話3社の中でソフトバンク<9984.T>の株価の勢いが目立っている。きょう6日に発表された6月携帯電話契約の純増数で2カ月連続のトップとなったが、株式市場では数日前から先回りの買いが続いていた。
 ホワイトプランなどの料金プランが好評でユーザー数を着実に増やし、業績拡大期待が強まっている。ただ、アナリストからは純増数の中身をみれば、依然として総合力でKDDI(au)<9433.T>が優位に立っているとの声が多い。
 <ソフトバンク、ホワイトプラン好調で2カ月連続の純増数トップ>
 ソフトバンクの株価は、5月18日に付けた安値2470円から5日終値の2805円まで13.5%上昇。
◆最新株価収益率情報は・・・株価収益率ランキング
一方、同期間にドコモは6.2%下落、KDDIも11.8%下落と、ここ1カ月半でみれば明暗を分けている。
 会社全体の収益構造や財務内容に差があるため株価収益率(PER)での比較は困難だが、市場平均(約20倍)をやや下回るドコモとKDDIに対し、ソフトバンクは31倍と大きく上回る。
 6日発表された6月携帯電話契約数で、ソフトバンクの携帯電話子会社・ソフトバンクモバイルは、新規契約から解約を差し引いた純増減数で初めてトップに立った5月に続き、6月も首位をキープ。「月額基本使用料980円、午前1時から午後9時までの通話はソフトバンク携帯同士なら無料」という1月から導入したからホワイトプランや、割賦販売などの料金プランが契約を伸ばしており「勢いが株価にも表れている」(大手証券投資情報部)という...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆株価収益率関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆株価収益率関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

<< <サッカー>U22日本代表が中国遠征 | ホーム | WSJ-Bサイエンティフィック、ガイダント買収以来苦戦続く >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。