ありがとうございます

保険・中古車・株・消費者金融などお得な情報を少しづつお届けします。

カテゴリー

プロフィール

ひでお3

Author:ひでお3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株価収益率論(上)
 [東京 11日 ロイター] 市場関係者によると、きょうの東京株式市場で日経平均は軟調な展開になる見通し。米国株式市場が住宅市場への懸念の高まりなどから大きく下げているほか円高に振れており、輸出関連株を中心に売りが先行するとみられている。国内材料が乏しいなか海外株高、円安という好外部環境を背景に日本株は上昇してきただけに、いったん反動により下落しそうだという。
 日経平均の予想レンジは、1万8000円―1万8250円。
 10日の米国株式市場ではサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手への住宅融資)問題の拡大から銀行株に売りが出たほか、ホーム・デポ<HD.N>や他の住宅関連企業が業績見通しを引き下げたことが株価を圧迫した。
◆最新株価収益率情報は・・・株価収益率ランキング

 東京市場では「国内材料に乏しい中で、海外株高、円安という外部環境を背景に日本株は上昇してきた。これらが反転した影響は大きく輸出関連株を中心に売りが先行しそうだ」(国内証券)との見方が出ている。
 日経平均はいったん10日のシカゴ日経平均先物9月限(ドル建て)の終値1万8080円前後まで調整すると予想されている。
 一方で「特段悪材料が出たわけではなく、プログラム売りで押された格好だ。市場が悲観的になったというわけではなく、上げ一服感という面があったとみられる」(大和証券SMBC・エクイティ・マーケティング部部長の高橋和宏氏)との指摘もあった。
 ドル/円が121円台まで下落しており、輸出関連企業への悪影響や円キャリートレードの巻き戻しという懸念も出ているが「企業の想定レートは115円前後であり、この水準では企業業績への大きな影響はないだろう」(高橋氏)とみられている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆株価収益率関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆株価収益率関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

<< <12球団代表者会議>大リーグの日本開幕戦、基本的に容認 | ホーム | 欧州市場サマリー(10日) >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。