ありがとうございます

保険・中古車・株・消費者金融などお得な情報を少しづつお届けします。

カテゴリー

プロフィール

ひでお3

Author:ひでお3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウォール街で勝つ法則
 [東京 23日 ロイター] 市場関係者によると、きょうの東京株式市場は軟調な展開になる見通し。前週末の米国株が下落したことに加え、今週から本格化する決算発表をにらんで買い方が様子見ムードを強めるとみられ、日経平均は1万8000円の下値をトライする可能性があるという。
 日経平均の予想レンジは、1万7900円―1万8200円。
 20日の米国市場ではダウ工業株30種が149.33ドル安の1万3851.08ドルに下落した。市場では「ダウが1万4000ドル台に乗せたことで目標達成感が出たことに加え、キャタピラー<CAT.N>の減益など個別企業の決算が響いた」(投信)とみられている。
◆最新株価収益率情報は・・・株価収益率ランキング

 キャタピラー<CAT.N>が発表した第2・四半期決算は、ディーゼルトラック用エンジンの売上高低迷や、軟調な北米建設市場、生産コスト高が響き、減益率が21%と市場の予想以上に拡大した。東京市場では「コマツ<6301.T>などに影響が出そうだ」(大和証券SMBCエクイティ・マーケティング部部長、高橋和宏氏)と懸念する声が上がっている。
 米株安を受けて、きょうは日経平均が1万8000円の下値を割り込む可能性も指摘されている。しかし「米国株の上昇トレンドが崩れたわけではなく、日本株への影響は限定的だ」(投信)とみられ、1万8000円割れでは押し目買いが入って下げ渋るとみる声が多い。
 また、中国の利上げについても、中国景気をオーバーキルすることはないという...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆株価収益率関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆株価収益率関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

<< ○危機逆手に結束強化=田中康夫新党日本代表【党首奮戦記】 | ホーム | え!?平山がFK蹴った >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。