ありがとうございます

保険・中古車・株・消費者金融などお得な情報を少しづつお届けします。

カテゴリー

プロフィール

ひでお3

Author:ひでお3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクロ経済学のパースペクティブ
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米バイオ医薬品大手ジェネンテック(NYSE:DNA)の株価はカンフル剤を必要としている。

かつては好調だったジェネンテック株は、主力のがん治療薬である「アバスチン」の売り上げの伸びが鈍化することにより、向こう数カ月間は低迷が続く可能性がある。また、既存の治療薬の適応拡大がもたらす新たな収益機会は、少なくとも07年末までは実現しないもようだ。

株価上昇のきっかけとなると投資家が期待していた材料である、ジェネンテックによる初の買収は、助けというよりは痛みとなっている。独禁問題をめぐるつまずきが、タノックス(Nasdaq:TNOX)買収手続きの完了を遅らせており、一部の弱気筋はこの9億1900万ドル規模の買収が頓挫することに賭けたポジションをとっている。
◆最新株価収益率情報は・・・株価収益率ランキング


ジェネンテック株は2005年に100ドル近くまで上昇した後は、下落傾向にある。先週20日終値は前日比2セント安の75.15ドル。時価総額は790億ドル。今年に入ってから7.6%下落しており、2005年末からは19%下落している。これに対し、この両期間のダウ・ジョーンズ・ウィルシャー・バイオテクノロジー指数は実質的に横ばいだった。

ジェネンテックの株価収益率は2003年には200倍を超えたこともあったが、現在は2007年の予想1株利益ベースで約25倍。これに対し、トムソン・ファイナンシャルによると、バイオテクノロジー・セクター全体は53倍。

ジェネンテックは過去との比較では割高ではないものの、「割安にみえるバリュエーションは、新たな成長のけん引役が現われるまでトラップ(わな)となりうる」とフリードマン・ビリングス・ラムゼーのアナリスト、ジム・レドック氏は指摘した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆株価収益率関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆株価収益率関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

<< 今年も投手王国だ!横浜高校が21イニング無安打0封 | ホーム | ○危機逆手に結束強化=田中康夫新党日本代表【党首奮戦記】 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。