ありがとうございます

保険・中古車・株・消費者金融などお得な情報を少しづつお届けします。

カテゴリー

プロフィール

ひでお3

Author:ひでお3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金融技術の考え方・使い方
 [東京 29日 ロイター] 市場関係者によると、きょうの東京株式市場で日経平均は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が終わり当面の海外主要イベントを消化するものの、7月2日の日銀短観を控えての様子見姿勢の継続から1万8000円台をトライする場面はあっても、上値は重いとの見方となっている。
 日経平均の予想レンジは、1万7850円―1万8100円。
28日の米国株式市場はほぼ変わらず。ネットワーク機器大手シスコシステムズ<CSCO>や半導体大手インテル<INTC>の投資判断引き上げを受けて通信機器や半導体株が買われ、ナスダック総合指数は小幅高で引けた。
 米連邦準備理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準を5.25%に据え置いた。
◆最新株価収益率情報は・・・株価収益率ランキング
据え置きは8回連続。
 シカゴ日経平均先物9月限(ドル建て)は終値で1万7990円で、大証比20円高となった。 
 米連邦公開市場委員会(FOMC)では、米国景気の見通しを若干上方修正したことで、足元、主要な海外イベントが無事に終わった形だ。ただ、国内では28日発表の5月鉱工業生産が事前予測を下振れ、市場関係者は7月2日発表の日銀短観6月調査の中身を見極めたいとする姿勢が強くなっている。
 「きょう寄り付き前に発表の消費者物価指数(CPI)よりも、短観の方が市場の関心が高い。短観を控えて、1万8000円をトライしつつも上値は重くなる」(東海東京調査センター・シニア・マーケットアナリスト、矢野正義氏)との声が挙がった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆株価収益率関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆株価収益率関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

<< WSJ-クイックシルバー、ロシニョール売却へ向かう可能性も | ホーム | 再送:トヨタの大規模な自社株買い継続か、1株利益押し上げ要因に >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。