ありがとうございます

保険・中古車・株・消費者金融などお得な情報を少しづつお届けします。

カテゴリー

プロフィール

ひでお3

Author:ひでお3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株式必勝50の法則
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070627-00000123-reu-bus_all
 [東京 27日 ロイター] 市場関係者によると、きょうの東京株式市場で日経平均は、前日と同じように方向感が出づらく狭いレンジでの動きになるとの見通しとなっている。
 ただ、TOPIXがしっかりしていることなどから、堅調な相場との見方は変わっていない。
 日経平均の予想レンジは、1万8000円―1万8200円。  
 26日の米国株式市場は、3日続落。債券利回りの上昇が金利先高観につながったほか、サブプライム(信用度の低い借り手向け)融資市場の問題をめぐる不安が相場を圧迫した。
 ダウ工業株30種は14.39ドル(0.11%)安の1万3337.66ドル。
◆最新株価収益率情報は・・・株価収益率ランキング

ナスダック総合指数は2.92ポイント(0.11%・訂正)安の2574.16。
 S&P総合500種指数は4.85ポイント(0.32%)安の1492.89。
 シカゴ日経平均先物9月限(ドル建て)は終値で1万7980円で、大証比110円安となった。
 27、28の両日開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、「海外投資家も様子見姿勢となっており、日本株に対しても現物には動きづらい。先物動向に振られる展開を予想する」(大和証券SMBCエクイティ・マーケティング部部長 高橋和宏氏)との見方だ。
 きょうの物色としては、「これまで上昇が続いてきた電機や精密機械は米国株の下落などで一服感が出やすい」(国内大手投信投資調査部)との見方となる一方、前日に引き続き不動産や証券などの内需関連銘柄が買われるのではないかとの声が挙がっている...

ニュースの続きを読む




◆株価収益率関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆株価収益率関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

<< 遠藤保仁「ベンチも含めて意思統一ができていた」/日本代表 | ホーム | オシム監督、敵陣営を煙に巻く!? UAE戦は2トップが濃厚 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。