ありがとうございます

保険・中古車・株・消費者金融などお得な情報を少しづつお届けします。

カテゴリー

プロフィール

ひでお3

Author:ひでお3
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

リンク

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在、個人の方が行える主な借金の整理手段は全部で四種類です。

自己破産個人再生特定調停、及び任意整理、この四つの手段をその人がおかれた状況とその人がどうしたいのかという希望を考慮して判断して行きます。

本来は生活環境や収入出費等の詳細な状況を充分に把握したうえで最良の手段を検討するのですが、残念なことに実際はそうでない場合も数多く見受けられます。

そういった相談の中で圧倒的に多いのが、本人は任意整理を強く希望しているにも関わらず、自己破産以外の手段は絶対不可能と断言されるケースです。

確かに、本人がいくら任意整理での交渉を希望しても確定残額や支払可能額等の問題で状況的に和解が困難を極める場合もありますが、そうでない場合も多いのです。

例えばよくあるケースのひとつに、債権者である金融業者から過去全期間に及ぶ取引履歴の開示請求をして、それを元に利息制限法による引き直しの計算を厳密に行い確定残金を算出すると、ほとんど元金が残らない、または過払い金が発生する可能性が高い方であっても、自己破産以外の方法は不可能と複数の先生から断言され行動を起こせない方や、実際に自己破産の手続きに進んでしまう場合等です。 自己破産も時として有効な手段の一つです。

しかし、どうしても自己破産だけは避けたいという強い希望をお持ちの方は、あきらめずに、自分に合った先生をさがしてみてはいかがでしょうか。

やはり、先ずは任意整理 による、再生を考えて頂きたい。当然、その借金の大きさにもよりますが、消費者金融の借金なら任意整理がお奨めと思います。

とにかく、専門家かボランティア団体に相談するのが先決
債務整理は誰に相談しても、どこで依頼しても、同じ結果とは限りません。

特に任意整理に関しては、裁判所等の公的機関を通さずに、代理人である司法書士弁護士と債権者である金融業者との交渉によって行われますので、必然的に各々の個人的技量や知識により差が生まれてくる事は現実問題として避けられません。

全国からよせられてくるお電話やメールの中に、債務整理をする気持ちは固まったのですが、上手な先生の見分け方がわからない、技術の高い事務所を教えてほしい等の、自分自身がより優位になる交渉を求める方が増えてきました。 これはごく当然の権利ですし、当たり前の気持ちだと思います。

最近ではこれだけ便利にインターネットが利用でき、どこに住んでいても全国の先生に気軽に質問や相談が出来る時代です。 自分にあった先生は誰なのか、より有利な交渉をしてくれる事務所はどこなのか、自身の人生に妥協のないように最良の道を探す事こそ、失敗しない債務整理の第一歩になります。

ボランティア団体も、最初の相談窓口として活用するのも良策。インターネットでも相談できるみたいです。

| ホーム |


PREV PAGE«  BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。